2017年11月4日土曜日

☆★HAPPY BIRTHDAY★☆

**HAPPY BIRTHDAY   DEAR TAO MOM**

先月27日は我らがオーナーのお誕生日でした!
記事を載せるのがだいぶ遅くなってしまいましたが、
今年もお祝いに素敵なお花たちが届きました♪


毎年、惚れ惚れするような立派なお花たちが届きますが、
そのどれもがオーナーのエレガントかつエネルギッシュなイメージにピッタリ!
自分をイメージしたお花が送られてくるというのは、とても素敵なことだと思います。

これからも、興味のあるものに邁進する、
エネルギッシュで素敵なTAOママでいてくださいね!(N)


2017年10月28日土曜日

*新入荷*ビーズアクセサリー

10月もあと数日で終わり、となると
早いもので今年も残すところあと2ヶ月です!ビックリですね!

今日は毎年恒例のイベント『ジャズナイトinひろしま』が開催されます。
生憎の天気ですが、秋の夜にゆったりと豊かな時間を、
美術館で素敵なヨーロピアンジャズとともにお楽しみ頂けると思います♪

さて。タオにまたまた新しい風が吹き込んできました。
ビーズアクセサリー作家の藤田滋子さんによる作品です。






これが本当にすべてビーズで!?しかも手作り!?
と、聞き返したくなるような、緻密かつゴージャスで個性的な作品の数々です。

藤田さんいわく、「おもちゃは作らないって決めているんです」
すなわち本物志向。
ビーズ1粒にしても、その素材や形、向きなど、すごくこだわりを持って
製作されていることが、手に取って見るとよくわかります!



パッと目を引く華やかさがあったり、シンプルだけど見たことのないデザインだったり。



これだったらどの服に合うだろう?と、コーディネートがわくわく楽しくなるような
バラエティーに富んだ作品たちの一部を、店頭に飾っています。

まだまだコレクションはありますが、追ってご紹介できたらと考えています。

オシャレが大好きになるビーズアクセサリー、
ぜひ手に取って、着けてみて下さいね♪(S)




2017年10月20日金曜日

ハンドルカバー*秋冬新作!

多くの方からご好評いただいている、ハンドルカバー。
秋冬の新作が入りましたのでご紹介します!


納品時は、こんな風に↑まっすぐの状態で届きます。
ですので、デザインや色の風合いがすごくわかりやすい!

左から、
・カープ!(言わずもがな、CS戦奮闘中の我らのカープです!)
・花びらの足あと(空にピンクの花びら、のイメージです)
・キラキラ(ラメも入ってますし、黄色のドットが星のよう!)
・ゼブラ(ちょっと変わった縞模様。上下の配色で可愛くも♪)
・民族衣装(ヤオ族っぽい、と作家さん。ベリー色が鮮やか)
・こびとのとんがり帽子/収穫祭(秋色に△のデザインが斬新です)
・こびとのとんがり帽子/お菓子工場(スイーツを思わせるポップな色使い!)
です。


飾るとこんな具合になります。
季節に合った糸の素材や、色デザインの豊富さがすばらしく、
見ているだけでも楽しめるハンドルカバーです。

それぞれタイトルに込められた物語もあったりして…
山田美恵ワールド全開!な秋冬新作。
実物はもーっと色鮮やかで、あたたかみがあります!
ぜひ、手に取って見てみて下さいね♪(S)

2017年10月18日水曜日

水彩画 新入荷!

オーナーのご友人 エリック・パイルさん作の
水彩画が2点入荷いたしました!!

             Basilica di San Marco, Battistero, Venezia                      Santa Maria del Fiore,Firenze  


こちらの水彩画を描かれたエリック・パイルさんは、広島在住のアメリカ人画家。
またダンテの「神曲」の研究者でもあります。

写真左 『サン・マルコ寺院』は、イタリアのヴェネツィアでもっとも有名な大聖堂です。
ビザンティン建築を代表する記念建築物で、西暦828年にエジプトで発見された
守護聖人サン・マルコの遺体を安置するために建立されたとされています。

そして写真右 『サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂』は、
イタリアのフィレンツェにあるカトリック教会です。
『サンタ・マリア・デル・フィオーレ』とは『花の聖母マリア』の意味。
イタリアにおける晩期ゴシック建築および初期ルネサンス建築を代表するものであり、
フィレンツェのシンボルとなっている教会です。

鉛筆と水彩画だけで大変緻密に描かれた作品からは、
歴史のある教会の重厚な雰囲気、またヨーロッパ建築の美しさが伝わってきます。

お店に寄られた際には、ぜひじっくりとご覧いただければと思います。(N)


2017年10月11日水曜日

UBEビエンナーレ

お知らせが少し遅くなってしまいましたが、、
この度、山口は宇部市で開催される「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」にて、
金工作家 村中保彦さんの作品が展示されます!

村中さんの作品といえば、冷たい金属製とは思えない柔らかなフォルムの動物たち。
小さくてかわいらしいのにしっかり動物の特徴が捉えられていて、
隅々までじっくりと眺めていたくなります。


TAOにあるのは小さな作品ばかりですが、UBEビエンナーレでは
野外にて大型作品「エルク(ヘラジカ)の工事現場」が展示されています。


「工事現場シリーズ」は村中さんの代表作でもありますが、
村中さん曰く、有機的な動物のフォルムと工事現場の足場の構成的で無機的な形を
組み合わせてみたい、という衝動からこのシリーズの制作を始められたそうです。
私も数年前に美術館で工事現場シリーズを拝見したのですが、
今回野外で観る大きなヘラジカは、美術館で観るより圧巻だと思います!!

UBEビエンナーレは10月1日から11月26日まで、
野外彫刻18点と40点の模型作品無料でご鑑賞いただけます!
詳しくは、
UBEビエンナーレ(https://www.tokiwapark.jp/event/27ube_1.html)
を、ご覧ください。

少し涼しくなって芸術に触れたくなるこの季節、
ご興味のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪♪(N)

2017年10月10日火曜日

食と農の映画祭 2017 in ひろしま

『食と農の映画祭inひろしま』のお知らせです。

食のこと、環境のこと、平和のことを映画を通して考えよう、というイベントです。
第9回を迎える今年は、
”毎日のごはんは、地球のすべてのいのち、未来につながっている”
をテーマに開催されます。

食をテーマにした作品、自然や文化のドキュメンタリー映画を
通して、食事の向こうにある農や環境、人々の営みや文化に目を向け、
毎日の暮らしを見つめ直すきっかけになればと思います。

私達の生活になくてはならない、ごはん。
飽食の時代から、呆食の時代へ変わってきていると言われています。
ファーストフードやインスタント、出来合いのものが便利な今日。
一方で、食品の廃棄物が増え続け、経済状況の偏り、命にかかわる貧困や格差。

美味しいものを食べれる幸せ、健康の大切さ、限りある資源・・・
当たり前と思っていることが当たり前ではないことに気付かされると思います。
バラエティに富んだ、気づきのある映画祭にぜひ足を運んでみてください!(S)
チケットはギャラリーTAOでも取扱いしております。




日時:10/21(土)~10/27(金) 
場所:サロンシネマ(広島東映プラザビル・東急ハンズ8F)
お問合せ:食と農の映画祭2017inひろしま実行委員会事務局
TEL 082-285-8165(シネマキャラバンV.A.G)

★ギャラリーTAOでは、回数券をバラで1枚(800円)~お求めいただけます。
ご希望の枚数をお申し付け下さい。

2017年9月29日金曜日

新作バッグ入荷しました!

これからの季節にぴったり!なバッグが入荷いたしました♪♪

 

どのバッグにも、100年以上前の貴重な古布が使われています。
画家マチスも愛したナイジェリアの草ビロードや
19世紀のイランで衣装として使われていたペルシャ錦、
ブルガリアのおめでたい席で飾られる綿布、
インドの手刺繍などなど。。
古布以外の部分は本革で、全てが一点物となっております。

古布に興味のある方、秋冬用のバッグをお探しの方は
ぜひ一度ご覧いただければと思います♪


日毎に涼しくなり、TAOも少しづつ秋仕様になってきました。


寒暖差もございますので、皆さまどうぞお風邪など召しませんよう。。(N)

2017年9月27日水曜日

Jazz Night in ひろしま!

毎年楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。
ひろしま美術館にて、今年も『Jazz Night in ひろしま』が行われます!
今年は例年より少し遅めの、10月28日(土)になります。

今回は、ヨーロッパで人気を誇る若手ピアニスト フィリップ・ヤクシッツ・トリオ
フューチャーしたヨーロピアン・ジャズ!
秋の夜長に、彼らの奏でる軽快なジャズをぜひお楽しみください♪♪



料金は一般3000円です。
当日会場でお支払いただきますが、予約制となっております
なお、収益は全額「一般社団法人 ボーダレスアート研究会」へ寄付されます。

電話、FAX、メールにてご予約の受付をしておりますので、
ご興味のある方はギャラリーTAOまでご連絡ください。


*****連絡先*****

「ギャラリーTAO」
TELL・FAX:082-241-8545
E-MAIL:gallery-tao@fine.ocn.ne.jp

「NPO法人 アートプラットフォームG」
TELL:082-211-3260
E-MAIL:gg@gallery-g.jp

2017年9月21日木曜日

秋のもんぺ巡業 in 宮島

みなさま、【もんぺ】と聞いて、どんなイメージをしますか?

ひと昔前の服装、とか、田舎の農作業のおじいちゃんおばあちゃん、とか
何となくレトロな感じをイメージされる方が大半なのでは、と思います。

たしかに。もんぺは1940年代、活動衣として国で指定されたところから、
日本のファッション・衣服の歴史の中で大きな役割を担ってきたものです。

アメリカのジーンズが、鉱夫のワークパンツから今や世界中の日常着に
変化したように、日本の【もんぺ】も日常着になるのではないか、と
布の開発から着方の提案まで、取り組んでいる会社があります。

今回、ご紹介するのは、【秋のもんぺ巡業in宮島】
福岡県は筑後地方で織られている、久留米絣(くるめがすり)という生地を使った
現代風もんぺの販売イベントが宮島で開催されます!

肌触りがよくて、着心地も抜群で・・・♪
なーんて言っても、百聞は一見にしかず。
ぜひ、皆さまの目で見て、手触りも確かめて、ついでに秋(安芸)の宮島堪能!!
楽しんでみられてはいかがでしょうか?


…個人的に思うに、昨年流行ったジョガーパンツ、
あれはシルエット、もんぺに近いですよね(笑)
私も某U社の秋冬ジョガーパンツを2着もっておりますが、あまりのラクさに
ヘビロテしておりました。コーディネートセンスは別として!

うなぎの寝床さんのもんぺ、ちらっと見たところ、
デザインの豊富さ、用途の幅広さがすごいです!
楽チンファッション好きな方から、おしゃれ上級者・個性的な好みの方まで
試してみる価値はアリです!

合わせるトップスや、もんぺの柄によっては
もしかすると、ちょっとタイムスリップというか、時代錯誤的というか、
どうした!?その格好は!とツッコまれ、注目を浴びてしまう
そんなドキドキ感がありますが、それもまた楽しみということで(笑)(S)

【秋のもんぺ巡業 in 宮島】
日時:10/6(金)~10/9(月)9:00~17:00
会場:宮島弥山 大聖院           
〒739-0592 広島県廿日市市宮島町210 TEL/0829-44-0111

*企画/お問合せ先:株式会社うなぎの寝床
〒834-0031 福岡県八女市本町267 TEL/0943-22-3699

2017年9月20日水曜日

r*kukka 「I LOVE IT !」~2017 autumn & winter collection~

かばん作家 r*kukkaの前波りか子さんの個展が
半年ぶりに三越で開かれます!


【r*kukka 「I LOVE IT !」~2017 autumn & winter collection~
*日時:9月19日(火)~9月25日(月)/10:30~19:30
*場所:広島三越1F ファッションパーツプロモーションスペース
*お問合せ先:TEL 082-242-3111


1つ1つハンドメイドで丁寧に制作されている、アェルクッカのバッグ。
軽くて柔らかいレザーは、オシャレしたくなる秋冬にピッタリ!

期間中は、作家の前波さんが毎日在店しておりますので、
かばんのことやレザーのお手入れについて聞くこともできますよ♪

自分だけのお気に入りを探しに、
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか**(N)


2017年9月8日金曜日

期間限定、ふかふかの・・・**

明日9月9日は「重陽の節句」。
ということで、オーナーがきれいな菊を活けてくださいました**


ところでこの写真をご覧になった方は「あれ?」っと思われるかもしれませんが、、
そう、何本かの菊がふかふかの真綿で覆われているのです!
そして上にはお香がちょこんと乗っています。
こちら、「菊の着綿(きせわた)」という重陽の節句に行われる宮中の風習だそうです。
「菊の花に真綿を被せ、明くる早朝に朝露を含んだ綿を菊より外し、
その綿で体を拭えば菊の薬効により無病であるという」(Wikiより抜粋)
といった、なんとも雅な風習でございます。。
無病の他に美肌にも効果が、、とのことで、
今も昔もアンチエイジングは女性の永遠のテーマでありますね・・・!

また着綿を調べるにあたり、和菓子でもこの着綿が
取り上げられていることを知りました。
日々の生活の中で昔の風習を知る機会というのはなかなかありませんが
和菓子のように、昔の風習を題材にしたものをきっかけにするのも
おもしろいかもしれません。
もし近く和菓子屋さんに行かれる方がいらっしゃいましたら
ぜひ「着綿」を探してみてください(*・v・*)(N)

2017年9月5日火曜日

絵本の紹介

朝晩が涼しくなり、日に日に秋が進んでいる今日この頃。
四季の移り変わりを感じられることは、
日本人にとっては当たり前になっているかもしれませんね。

今日、オーナーとも少しお話をしていたのですが
最近の世界情勢が危険すぎて…
もう、いつ何が起こるかわからないなぁ、とふと思います。

そんなわけで、今日は【ドームがたり】という絵本の紹介をさせていただきます。


この絵本は、詩人のアーサー・ビナードさんと、画家のスズキコージさんの
コラボレーションにより生まれました。
原爆ドームが主人公となり、ドームの目線から見た、
原爆投下の瞬間、その前後の様子が語られています。

おそらくは、経験したことのある人しかわからない恐ろしさ、虚無感など、
言葉では表現できない感情や状況が、独特のタッチで描かれています。

原爆ドームはその時のことを、いったいどんな風に語っていると思いますか?

平和の大切さを目の当たりにしている今日こそ、
心にズシンと響く一冊です。

タオにもこの絵本を置いていますので、お気軽にお声かけ下さいませ(S)


2017年8月31日木曜日

新作アクセサリー入荷!

あっという間に8月も終わりが来てしまいました。
煩かった蝉の声も聞こえなくなり、
日差しはまだまだ暑いものの、風が吹くと早くも秋の気配を感じます。

というわけで、タオも秋の暦に乗っかって。
新作アクセサリーのご紹介です!


コットンパールのネックレスです☆
ファブリックデコを制作されている、青野暢子さんの作品です。

ロングネックレスですが、デザインがシンプルなので
使い勝手が良く、アレンジもしやすいものになってます。

タオの正面ウィンドウに飾っていますので、
ぜひ秋のオシャレに見に来てくださいね!(S)

2017年8月30日水曜日

グランデひろしま秋号 入荷!

まだまだ日中暑いですが、
朝夕と、少し秋が感じられる気がするような
しかしそうでもないような。。
とはいえ、野菜売り場では秋の味覚が少しずつ顔をのぞかせています。

そしてTAOにもひと足早めの秋到来です・・・♪


今回の特集は「襤褸(らんる)」、「紙」そして「世界の味」。

「襤褸」という言葉、おそらく本かなにかで一度は目にしているのでしょうが、
恥ずかしながら表紙を見た時「なんだこれは」と思ってしまいました(- -;
「ぼろ」とも読み、一般的には「ぼろきれ」など役に立たない布を指します。
しかしグランデではあえてこの「襤褸」を、
「繰返し継ぎはぎして大切に使われてきた布」として取り上げています。
使い込まれたことで生じた色褪せは、出そうと思っても出せない趣深い色。
自然からいただいた貴重な資源を使い切ろう、という人々の想いが感じられます。

また、個人的に鼻息荒くなった「紙」の特集では、
芸術作品や包装紙など、「紙ならでは」のものたちが取り上げられています。
デジタルよりアナログな人間の自分にとっては、
やはり紙媒体の温かみは心地よく感じます。

ここでは紹介しきれませんが、その他広島のディープな情報が満載です!
ぜひ一度手に取ってご覧くださいませ♪♪(N)

2017年8月29日火曜日

高山博子 作品展 のお知らせ

広島出身の画家、高山博子さんの作品展が、来月開催されます。
「生命の華」天空に舞う、というタイトルの通り、
色彩豊かで、描かれているものに生命の力強さを感じさせる
作品の数々をご覧いただけます。

芸術の秋の第一歩、ぜひ足を運んでみてくださいね♪(S)


*平成29年9月7日(木)~9月13日(水)
*福屋八丁堀本店7階 美術画廊(最終日午後5時閉場)

2017年8月22日火曜日

**残暑お見舞い申し上げます**

立秋もとうに過ぎましたが、まだまだ暑い日が続いておりますね。
暑さに負けず、TAOは先週末から営業再開です!

また営業再開と併せまして、パソコンが無事直ったこともご報告を(*・v・*)
メールも確認できるようになりましたので
ご用の際はぜひTAOまでメールいただければと思います✉

ではでは、スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております♪♪(N)

2017年8月9日水曜日

お盆休みのお知らせ



暦の上では秋となりましたが、蝉の声も止まずまだまだ夏真っ盛りですね。
通勤路の朝顔に心癒される毎日です。

さて誠に勝手ながら、
8/11(金)~8/18(金)まで
TAOはお盆休みを頂戴いたします。

営業開始は8/19(土)からとなります!
皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

また併せてお願いがあり。。
弊店のパソコンの不調により、
お盆休みから8月一杯の間メールを確認することが出来ません。
つきましては、お急ぎのご連絡等は
☎082-241-8545(Phone/Fax)
までお願いいたします。
お手数をお掛けいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

ムシムシと暑い日が続いておりますが、
皆さま、体調にはくれぐれもお気を付けくださいますよう。。


ギャラリーTAO

2017年8月8日火曜日

爽やかな装い《ジュエリー9人展》

TAOでもお馴染みのジュエリー作家、天野寿美枝さんをはじめ
9人の作家の方たちによるジュエリー展が開催されています。

デザイン、素材、作り・・・
優雅で気品あふれるものから、クールでスタイリッシュなものまで。
それぞれの個性が際立つ素敵な作品がいっぱいです♪

暑い夏に、爽やかな気分を感じられそうなジュエリー展。
ぜひ、足を運んでみてください!(S)



爽やかな装い ジュエリー9人展
2017年8月8日(火)~14日(月) 広島三越1F 特設会場
営業時間/午前10時30分~午後7時30分

2017年8月5日土曜日

8.6

明日は8月6日。
被爆72年が経ちました。

広島にいる私達には、当たり前であり、忘れてはならない日です。
核の脅威に晒される今日、すべての人が平和を祈ってほしいな、と思います。




世界各地で起こってるテロや戦争がなくなりますように(S)


2017年7月28日金曜日

模様替え、しました!

昨秋のイベント以降、なかなか店内の景色が変わらず。
季節も変わり、目新しさがほしいですね、との話から、
先日、オーナーと一緒に模様替えを行いました。


小山岑一作・ビールジョッキ
花ノ木(無釉焼締)という作風ですが、光加減などで陶器の表情や風合いが
様々に見える、とても素敵なジョッキです

無釉焼締の備前焼は、『炎によって描く焼物』とも言われるそうです。
お土産物やさんに並ぶ備前焼、なんだかピンとくるものがなくて
備前焼とはこういうもの、というイメージが出来上がっておりましたが、
小山さんのこのジョッキを手に取って、その考えはなくなりました。

私のような芸術素人?でもすごさがわかる、そんな作品です!


財満進作・長角皿、角深鉢、輪花鉢

重厚で安定感があり、ベテラン作家ならではの存在感です。
中央上部の、角深鉢の緑釉に目を奪われます。
手仕事の雰囲気が伝わってくる、作品です。


左手前:上原治夫作・白釉小鉢

シンプルで、一見どこにでも売っていそうな小鉢ですが
手に取ると、ありそうで実は、ない。ことがよくわかります。
どんなものを入れても、馴染む。それ以上に、引き立たせてしまう。
つるっとした感触も、今の暑い時期には涼を運んでくれます。

右奥:財満晋平作・急須、片口、コップ、茶碗

前述の財満進さんのご子息で、モダンであたたかみのある作品です。
急須は、白・黒・銀とあり、フォルムや手触りもそれぞれです。
コップや片口など、日常に馴染みあるものですので
ハードルの高くない、食器が好きな方にも楽しんで頂ける作品です。


そしてこちらは、インド古更紗シリーズ。
インドやインドネシアなどで作られたとても貴重な古布を仕様した、袱紗や祝儀袋、
懐紙入れですが、扇子入れやめがねケースといった、実用的なものもございます。
歴史と職人技が光る古布。デザインもたくさんあるので、
ぜひお気に入りを見つけてみて下さい!


そんなわけで、表のショーウィンドウも変わっています。
トルソーもちょっとセクシーに!ビビッドカラーの夏仕様に衣替え。

模様替えしたギャラリーTAOに、遊びにきてくださいね♪(S)



2017年7月13日木曜日

ハンドルカバー新作入荷!

TAOでも人気の高い、山田美恵さんのハンドルカバーの新作が入荷いたしました!


テーマはずばり”夏のお嬢さん”!
カラフルな帽子を被って、まさにお嬢さんというかわいさです♥


こんなフリルのスカートを穿いたコもいますので、
ぜひお気に入りのコを探しにお越しくださいませ♪
作家さんイチオシのギャラクシーなコはウィンドウに飾っておりますよ(*・v・*)!


話は変わりますが、、
昨日オーナーが珍しいお花を持って来てくれました**


「コウホネ」という名前のお花で、広島のお花屋さんでは滅多に見られないそうです。
こちらのコもはるばる京都から!

「コウホネ」は漢字で「河骨」と書くそうで、
水中に沈む太くて白い根が人の骨に見えたことが由来だそうな。。
なかなかホラーでロマンな、夏にピッタリなお花ですね。
残念ながらその根っこは見れませんが、コロンとしたかわいいお花は咲いています。

ハンドルカバーをご覧になったついでに、
ぜひこちらのコウホネで涼を感じていただければと思います♪(N)

2017年7月12日水曜日

Classic on WOOD ~クラシックの名曲をマリンバで~

オーナーのお友達の娘さんが、今月22日にコンサートをされます♪


Classic on WOOD ~クラシックの名曲をマリンバで~
*日時:7月22日(土)14:00開演/13:30開場
*料金:一般2,000円/高校生以下1,000円(当日券 各500円増)
*場所:広島市安芸区民文化センター・スタジオ(広島市安芸区船越南3-2-16)
*チケット取り扱い:JMSアステールプラザ、広島市内各区民文化センター
*お問合せ先:TEL 082-824-1330/HP  http://www.cf.city.hiroshima.jp/aki-cs/


クラシックの名曲を、マリンバで。

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの時代には
実はマリンバは存在しなかったそうです。
そのため、今回演奏されるのはどれもほかの楽器のために書かれた作品ばかり。
しかしマリンバの温かみのある音色で奏でられる曲は、
今までの聞き馴染んだ印象をガラッと変えてくれるに違いありません♪

クラシックが好きな方も普段あまり聞かれないという方も、
”新鮮な”名曲にぜひ触れてみてはいかがでしょうか?(N)

2017年7月11日火曜日

新作バッグ、入荷しました!


TAOではお馴染み、アクセサリー作家の田部恂子さん。

とある先日、お店に寄って下さったのですが、

その時に思いがけないお土産を持って来て下さいました。

『これ、作ってみたんです~』と出して下さったのは、

端切れを使った、裂き織りトートバッグ!!

バティック(更紗)と木綿のようなきれを合わせた、爽やかな風合いです。


ナチュラルなイメージのイエロー。

カントリー調にカジュアルに、秋口まで使えそうなカラーです。


個人的にイチオシのブルー。

白とのコントラストがとにかく爽やか。夏にピッタリです!


上品なグリーン。

深みある色なので、白系ファッションがきりっと締まりますね。

それぞれのバッグにストラップのアクセントもついてます。

田部さん、バッグまで作れるなんて本当にすごい…!

きっと手間ヒマかかっているであろう、この裂き織りトート。

にもかかわらず、お値段は、意外とお手頃なんです♡

タオに出勤の日は、いつもこの裂き織りトートのブルーとにらめっこ(笑)

うちの子にしようか、どうしようか・・・

もうしばらく考え中です。

みなさまにもぜひ、お手にとってご覧いただきたい新作バッグです!(S)

2017年7月4日火曜日

ゴペル・リンポチェ師 歓迎会のお知らせ

来たる7月22日(土)に、化身ラマのおひとりでもある、

ゴペル・リンポチェ・ガワン・ニェンター師の歓迎会が開催されます。

ゴペル・リンポチェ師は、チベットに生まれ、リタン大僧院にて出家し密教の儀軌を

学んでおられたところダライ・ラマ法王からリタン大僧院の学堂長の再臨者である

ゴペル・リンポチェ三世の化身の認定を正式に受けることとなりました。

1991年、南インド・デプン・ゴマン学堂ハルドン学寮に迎えられ、

ゴマン学堂の首席にて学位を取得、その後1年間、ギュメー密教学堂で学んだ後、

ゴマン学堂に戻り、現在はゴマン学堂に新設された密教研究会に参加されておられます。

そんなゴペル・リンポチェ師の生い立ちや、これまでの修行の経緯のお話など

チベット文化に触れることのできる貴重な機会となる企画です!

チベット語の通訳・解説で、広島大学の根本教授にもお越し頂きます。

一般参加も大歓迎の会ですので、奮ってご参加ください♪

☆ゴペル・リンポチェ師 歓迎会☆
*日時:7月22日(土)
〈友好協会会員対象〉18時~総会
〈一般参加〉18時半~ ゴペル・リンポチェ師のお話
     19時半~ 懇親会(会費@3,000円)

*場所:TKPガーデンPREMIUM広島駅前 会議室(施設問合せ:082-909-2609)
広島市南区大須賀町13-9 ベルヴェオフィス広島
(広島駅南口の広島東郵便局の高架を越えた1ブロック先です)

*問合せ・参加予約:ギャラリーTAO ※予約締切:7/7(金)
TEL/082-241-8545 mail/gallery-tao@fine.ocn.ne.jp






2017年6月28日水曜日

七夕展~今田拓志 陶展~

もみじまんじゅうでお馴染みの藤い屋による、第14回 七夕展のご案内です。

藤い屋はなんと、創業92周年!!

もみじまんじゅうの美味しさは言うまでもなく、上品でお洒落な銘菓の数々は

県外へのお土産やちょっとしたお持たせにも、大変喜ばれますよね。

雑誌グランデの今夏号に藤い屋の羊羹の記事が掲載されています。

箱に流した‶藤色”の羊羹の美味しそうなこと!!

地元の老舗和菓子店による、七夕展も14回目を迎えます。

今年は中堅の陶芸作家の今田拓志さんの陶展です。

表現のチカラ、可能性という言葉がぴったりの、独創性豊かな作品です。

陶芸に興味がある方はもちろん、はじめての方でも楽しんで頂ける

陶展ではないかと思います。

初夏の瀬戸内、宮島にて、アツアツの出来立てもみじまんじゅうを頬張りながら

個性溢れる作品をぜひご覧になってはいかがでしょうか?(S)


【第14回 藤い屋 七夕展 今田拓志 陶展】
*7月1日(土)~7月9日(日) 入場無料
*AM9:00~PM4:30※最終日はPM4:00まで
*藤い屋 宮島本店(宮島桟橋より厳島神社に向かって徒歩約7分)
広島県廿日市市宮島町1129 代表電話 0829-44-2221
*お問合せ先 082-232-1114 広報 原紺(はらこん)

2017年6月20日火曜日

復活しました☆

昨秋のイベントの流れで、タオの店内から姿を消していたタンカ。

今日、実に7か月ぶりに復活いたしました!


この7か月、様々なジャンルの可愛い雑貨や作品が店内を賑やかにしてくれて 

目新しさに店内に入ってきて下さる方も少なくなかったのですが。

何だか壁際がさみしいような、足りないような・・・

やはり、タンカを飾るとTAOらしい雰囲気が出ますね!


ギャラリーというと、何となく、一般の方が入りにくい印象があるようですが。

かといって、雑貨屋TAO、ではなく、バザー会場TAO、でもなく(笑)

気軽に足を運んでいただけるギャラリーにしたいな、と。

オーナー、スタッフ一同、日々楽しく試行錯誤しています♪


タンカ復活で、店頭のグリーンターラ―もなんとなく安心した様子でした(笑)

梅雨時の気分転換に、新しいもの探しに、ぜひお立ち寄り下さいね♪(S)