2019年7月17日水曜日

原田康夫先生 米寿記念リサイタル

TAOでもたいへんお世話になっております、
広島大学名誉教授・元学長の原田康夫先生がリサイタルを開かれます。



広島大学支援チャリティー 原田康夫 米寿記念リサイタル
〈ピアノ〉萩原麻未
日時:2019年9月13日(金)  18:00開演(17:30開場)
場所:JMSアステールプラザ大ホール(広島市中区加古町4-17)
料金:3,000円(全席自由)
チケット取扱:エディオン広島本店プレイガイド、福屋広島駅前店7Fチケットサロン
お問合せ:082-247-8604(NPO法人音楽は平和を運ぶ)

米寿記念ということで、御年88歳になられた原田先生。
『世界最高齢テノール歌手』と写真にもあります通り、歳を重ねてもアクティブに活動し続けてらっしゃって本当にすごいお方だ…といつも思います。

こちらのリサイタル、TAOでもチケットを取り扱っています!
ご興味のある方はぜひ、お気軽にお声がけくださいませ~◎(K)


2019年7月12日金曜日

小林亮二 ガラス展

先月下旬から本日まで、福山にて作品展をされているガラス作家の小林亮二さん。
再来週には広島市内でも作品展が開催されます。


小林亮二 ガラス展
美しき日々
日時:7月23日(火)~7月28日(日)
10:30~19:30(最終日は18:00閉場)
場所:広島三越7階 三越ギャラリー(広島市中区胡町5-1)

『光を集めて優しくゆらぐ、その透明感は流れる水のようです。
おおらかで豊かなガラスの輝きを日々の暮らしで感じていただけたら嬉しいです。』

美しく優しいガラス作品の数々、この機会にぜひご堪能ください◎(K)

2019年7月5日金曜日

竜の花

昨日オーナーが素敵なお花を持って来られました**

3年前にもご紹介しました、
祇園祭と時を同じくして開花する花「ヒオウギ」です。
広島ではなかなか手に入れるのが難しいとのこと。


昨日は蕾ばかりでしたが、今朝来てみると見事に黄色い花が開花しておりました!
たった一晩ですごい。

調べてみると、花の色は他にピンクや紫など結構色んな種類があるようです。
花の色や斑点の有無によって「真竜」「黄竜」「緋竜」など
名前が違うようですが、どれも「竜」が付くのはなんでなんでしょう。
葉の形が龍の爪のようだからか、
枝分かれしているのが龍の舌(または角)のようだからか、、

調べても結局わからずでしたので、
もしわかる方いらっしゃいましたらぜひご教示くださいませ...!(N)

2019年7月4日木曜日

夏の第九 Hiroshima

夏の第九 Hiroshima
日時:8月1日(木)18:45開演(18:00開場)
★18:15から大野和士による曲解説プレトークを行います。
場所:広島文化学園HBGホール
料金:【前売】S席15,000円/A席10,000円
【当日】S席18,000円/A席13,000円
【会員割引】音和倶楽部会員 S席10,000円/A席7,000円
未来シート(A席・学生のみ)2,000円
※詳しくは082-247-8604(音楽は平和を運ぶ)までお問合せください。
チケット取扱:エディオン広島本店
お問合せ:082-567-2500(広島テレビイベントインフォメーションセンター)

世界的マエストロ大野和士と
伝統芸能の殻を破り続ける津軽三味線奏者 吉田兄弟を招いてのこの度の第九!
詩歌が育った東洋文化とクラシック音楽が育った西洋文化の
大胆に融合した姿、すなわち国境がない世界が描かれます。

未来の音楽界を担い創造していく若者の皆さんにも
本格的なプロの演奏を聴いていただけるよう、
特別価格席「未来シート」もご用意。
プロの演奏を間近で鑑賞できるこの機会、是非お見逃しなく!

「未来シート」のお申し込み用紙はTAOでも取り扱っておりますので、
ご希望の方はお気軽にお声掛けくださいませ♪
※チケットは取り扱っておりません。

その他のお問合せは
☎082-567-2500(広島テレビイベントインフォメーションセンター)
まで。

世界最高峰の合唱を広島から世界に!(N)







2019年6月28日金曜日

店内一部SALE中!!

現在、一部商品を値下げして販売中です!

(上)半袖シャツ カモメ Sサイズ ¥7,800→¥5,460(税込)
(下)フードなしジャケット しだれ桜 Mサイズ ¥10,000→¥7,000(税込)

大阪在住のTシャツ絵師 小橋貞さんによる
かもめTシャツとしだれ桜のジャケット 2点です。
一枚一枚、細かい絵が丁寧に手描きされています。

かもめのTシャツはこれからの季節にぴったりなデザイン! 
こんなマリンルックなコーディネートも素敵です♪

ジャケットは少し厚手なので今の季節には暑いですが、フードが付いていないので
秋口など肌寒くなる季節にストール等と一緒に合わせていただいても良さそうです◎


また藤田眞理さんコレクションの古更紗も、引き続きセール中です!


(左上)本革バッグ ¥18,000~→¥9,000~(税込)小袱紗 ¥10,800→¥5,400(税込) など
右上)扇子入れ ¥7,560→¥3,780(税込)
(下)めがねケース ¥7,560→¥3,780(税込)

これからの時期重宝しそうな扇子入れに、めがねケース、本革のバッグなどなど。
古更紗はインドやインドネシア産、
バッグに使われている古布はナイジェリアの草ビロードやペルシャ錦です。
どれも100年以上前の布で、手触りも大変柔らかくなっています。


Tシャツ、ジャケットは30%OFF
古更紗は全品50%OFFとなっております!
現品限りとなりますので、ご興味のある方はお急ぎを≡3(N)

2019年6月26日水曜日

壁面模様替え!

本日、ようやく広島でも梅雨入りが発表されました。
統計以来もっとも遅い梅雨入りだそうで、
実際ニュースを見るまで、もう梅雨になったものと思っていました;
すでに夏のようなお天気が続いておりましたが、
梅雨明けからは暑さ・日差しが一層増してくるんでしょうね...いやだいやだ...


ブログでの報告をすっかり忘れておりましたが、
先月のイベント以降ちょこちょことTAOは夏仕様になっており。
しばらく掛けっぱなしになっていたタンカも、これを機に入れ替えてみました。

(左)十一面千手観音 ¥75,600(税込)
(右)ブッダ・シャクティ ¥216,000(税込)

彩色菩薩像 ¥64,800(税込)

久しくお目見えしていなかった十一面千手観音像に
ブッダ・シャクティ像、菩薩像です。

十一面千手観音は千の手の掌それぞれに一眼を持つとされていますが、
こちらのタンカでも掌のすべてに丹念に眼が描かれています...!
(手は千本無いかとは思いますが...)

ブッダ・シャクティは法身普賢とも呼ばれ、
全ての仏さまの父母とされています。
歓喜仏が描かれるのはチベット仏教ならではと言えます。

菩薩像は小さ目のサイズではありますが、
仏さまから装飾品まで丁寧に描かれています。


仏さまだけではなく、ヴェネツィアの教会の絵も。

(左)Basilica di San Marco, Venezia ¥16,200(税込)
(右)Porta della Carta, Venezia ¥18,360(税込)

エリック・パイル先生が描かれた、細密画とも言える水彩画です。
左はサン・マルコ寺院、右は布告門が描かれています。
水彩でここまで細かい絵を描けるのは本当にすごいです...!


タンカ、教会画ともに写真では緻密さ鮮やかさをお伝えすることが難しく...
ご興味のある方は、ぜひ一度実物をご覧に来ていただければと思います◎(N)


2019年6月20日木曜日

フロム スペイン

先日オーナーが、こちらのお品を持って来られました~◎

こちらは頂きものということで、何でしょうカラフルな小石のような形状。
もともとはビニールのパッケージに入っていたりで、岩塩(お洒落なタイプの)かな?などと思っていたのですが…

パッケージに付いていた紙(?)にはスペイン語で
『Herbolario Esencias de Sevilla 』とあります。
調べてみるとこちらはスペイン・セビリアのお店の名前のようです。

そして『INCIENSO LOS GITANOS』と書いてあり、
スマホの翻訳アプリ(便利ですね…)などで調べたところ
『ジプシーのインシエンソ(お香)』と訳されました。これは商品名…?
という事で、お香の一種のようです。スペインのお香(бⅴб)

お香=線香型やコーン型しか知らない私は、このブログを書くことをきっかけに少しだけ調べてみたのですが、ほんとにいろいろな種類があるのですね。
火をつけて焚くものだけではないのだな~

グリーンターラさんの前に。
入り口あたり、ほんのり甘い香りがします◎

TAOではチベットのお香(¥800 税込)も、引き続き好評発売中です★(K)

2019年6月8日土曜日

小林亮二ガラス展

先日新入荷でご紹介いたしました小林亮二さんが
今月末、個展を開かれます。

小林亮二ガラス展
Plus(プラス)
日時:6月26日(水)~7月12日(金)
11:00~18:00 会期中無休
場所:ギャラリーくわみつ(福山市大黒町1-1)
お問合せ:084-922-3323

料理に愛情を込めるように
うつわに想いを込めて制作されているという小林さん。
使う方にもそこに気持ちを込めてもらえるような、
そんな楽しいうつわを目指されています。

TAOに並んだうつわたちを見ていても、
何を入れるのがいいかと心がわくわくしてきます。

そんな素敵なうつわたちが揃う今回の個展。
自分だけのお気に入りを探しに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか**(N)


2019年6月7日金曜日

東儀秀樹氏講演会/秋川雅史氏チャリティーディナーショーのお知らせ

来月開催される東儀秀樹氏の講演会と
秋川雅史氏によるチャリティーディナーショーのご案内です。

東儀秀樹氏講演会
~雅楽の価値観と僕の生き方~
日時:7月6日(土) 14:00~15:30(13:00受付開始)
場所:広島国際会議場B2F「ヒマワリ」
(広島市中区中島町1-5 平和記念公園内)
※会場に駐車場はございません
会費:2,000円(当日販売は3,000円)
お問合せ:237-4720(広島西法人会)

毎年著名な方をお迎えしている公益社団法人広島西法人会女性部会主催の講演会。
今年は雅楽師の東儀秀樹氏が、
雅楽の価値観とご自身の生き方についてお話ししてくださいます。

ご参加をご希望の方は事前申込をオススメいたします。
TAOでもチケットを取り扱っておりますので、
ご興味のある方はお気軽にお声掛けくださいませ!


また同日、別会場にて秋川雅史氏とVIOLIZMによる
豪雨災害チャリティーディナーショーが行われます。

秋川雅史×VIOLISM
豪雨災害チャリティーディナーショー ~あれから1年~
日時:7月6日(土) ディナータイム18:00/ショータイム19:20
場所:クレイトンベイホテル(呉市築地町3-3)
料金:20,000円(全席指定)
お問合せ:0823-21-3630(国際ソロプチミスト呉)

大勢の方が犠牲となった未曾有の豪雨災害から、1年が経とうとしています。
この豪雨災害により、呉市は壊滅的な被害を受けました。
今も苦しんでいる方々のために微力ながらもお力添えできればと、
国際ソロプチミスト呉がこちらのチャリティーディナーショーを主催されています。

ご興味のある方は、上記の国際ソロプチミスト呉まで
ぜひお問い合わせいただければと思います。


爽やかな装い ~Early Summer ジュエリー5人展~

TAOでもいつもお世話になっております天野寿美枝さんが、
この度福岡にてグループ展をされます**


爽やかな装い
~Early Summer ジュエリー5人展~
日時:6月18日(火)~30日(日) 月曜定休
11:00~19:00 ※最終日は17:00まで
場所:ギャラリー・モッコ(福岡市中央区天神2-8-34 住友生命ビル1F)
お問合せ:090-714-3767

これからの季節にピッタリの、涼しげで個性的な作品が並びます。

県外のため少し遠いですが、、
ご興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪(N)


2019年6月6日木曜日

小林亮二さん ガラス作品入荷☆

福山市在住のガラス作家・小林亮二さんの作品が多数入荷いたしました!

(奥側)  醤油さし ¥5,400(税込)
淡雪の皿 ¥3,888(税込)
(手前側) 花のうつわ ¥7,560(税込)
雫のグラス ¥3,456~(税込)

(奥側) ピッチャー ¥8,640(税込)
ソーダライングラス ¥3,888(税込)
(手前側) ソーダラインのうつわ ¥3,888(税込)
ライトブルーグリーンモールグラス ¥3,888(税込)

(奥から) 藍色モールグラス ¥3,888(税込)
瑠璃カクテルグラス ¥3,888(税込)
瑠璃コンポート ¥4,320(税込)

泡渦の角杯 ¥4,752(税込)

どの作品も、お洒落でかわいらしいものばかりです◎

ここのところ毎日気温も高く、いよいよ暑い夏がやって来ようとしていますね(その前に梅雨がやってきますが…)
そんな夏に映える、涼しげなガラス作品の数々をぜひご覧いただけたらと思います。
お気軽にTAOまでお立ち寄りくださいませ~!(K)

2019年6月1日土曜日

グランデひろしま 夏号入荷!

グランデひろしま夏号が入荷いたしました◎


今回の特集は『芸北の人と自然』。
標高が高く、登山・ウインタースポーツ自然の中にたたずむカフェなどを目指して訪れる人の多い地域、芸北。
心を潤す自然豊かな風景、美しい植物や多様な生き物、そんな自然とともに暮らす人々…
素敵な写真と記事が楽しく、そして癒されます。

もう一つの特集は『すてきな手づくり・わくわく体験』。
ここの特集ページでは、線香作りやウォータースポーツ体験、自然に触れる散策ツアーなど、様々な「体験」が溢れています。
未知なことを体験するドキドキワクワクする気持ちを想像しながら、何か新しいことを始めてみようかなという気持ちに。
先日のブログで紹介させて頂いた、オオクマイクヨさんのアクセサリー作り体験も掲載されています。

表紙は春日一志さんの作品です。
赤と緑でインパクトのある(そしてかわいい)アクリルの色彩に目をうばわれました。
『パラアート』のページでは、そんな春日さんの他の作品も楽しめます。

今回も内容盛りだくさんです◎
気になられた方はぜひTAOまでお立ち寄りくださいませ!(K)

2019年5月30日木曜日

ゴトウユミコ&オオクマイクヨ 二人展

TAOとも親交の深い、中区袋町の『ギャラリー718』にて行われる
展覧会のお知らせです。

ゴトウユミコ&オオクマイクヨ 二人展
Collaboration of a dream
日時:6月27日(木)~30日(日)
11:00~18:00(最終日14:00)
場所:ギャラリー718(広島市中区袋町7-18)
お問合せ:082-247-1010

造形作家のゴトウユミコさんと、アクセサリー作家のオオクマイクヨさん。
ヨーロッパの伝統的な布やレース・ヴィンテージボタン等の素晴らしい素材を使って
さらに魅力的な作品を作り上げられているお二人です。
そんなお二人の素敵なコラボ展、ぜひ足を運んでみられてはいかがでしょうか◎(K)

2019年5月24日金曜日

中曽智子さん展覧会

先週のやまさき治子さんのイベント、おかげさまで無事に終了いたしました。
足をお運び頂いた皆さま、ありがとうございました!
気になっていたけど期間中に間に合わなくて行けなかった…という皆さま、
引き続き、やまさきさんの作品の一部はTAOにて展示・販売中ですので
またお気軽にお立ち寄りくださいませ◎

さて今回は、陶芸作家・中曽智子さんの展覧会のお知らせです。
中曽智子 陶展
あいまのものがたり
日時:5/25(土)~6/9(日)
11:00~18:00(会期中無休) 
場所:ギャラリーくわみつ(広島県福山市大黒町1-1)
お問合せ:TEL 084-922-3323

TAOでもお世話になっている中曽智子さん。
神話やおとぎ話などの物語から着想を得て、とびかんな・釉彩技法等を使用した作品を制作しておられます。
爽やかな色彩・かわいらしく幻想的な雰囲気もある素敵な作品の数々が楽しめる展覧会、
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか◎(K)


2019年5月11日土曜日

やまさき治子 アートコレクション

皆さま、ゴールデンウィークはいかが過ごされたでしょうか?
お天気もよく気温もあがり、もう夏はすぐそこまで…という感じがします◎

さて来週、ギャラリーTAOにて開催いたしますイベントのご案内です。

*やまさき治子 アートコレクション*
【5/14~5/18】

広島の金属工芸作家・やまさき治子さんの作品展を開催いたします!


金・銀・銅・チタン・真ちゅう・ステンレスなど様々な金属を使用し、
ブローチやネックレスなどのアクセサリー・器や香合・ワインクーラーなどの
幅広い作品を様々な技法で作られています。

今回は、そんなやまさきさんの作品を計150点以上展示・販売いたします!




展示の一部を載せてみました。
どの作品もモダンでスタイリッシュなものばかりです。
スタッフ一同わくわくしながら準備をしております◎

素敵な作品の数々をぜひ、ご覧いただきたいと思います (бⅴб)
お気軽にお立ち寄りくださいませ◎(K)

★2019/5/14(火)~5/18(土) 11:00~18:30



2019年4月26日金曜日

GW店休日のお知らせ


ついに超大型連休が目前に迫ってまいりました…!
皆さまは10連休まるまるお休みは取れましたでしょうか?

TAOのお休みは1日遅く、
4/28(日)~5/6(月)
までの9連休となっております**

連休明けはイベント準備期間となりますので、
なにとぞよろしくお願いいたします!(N)

2019年4月20日土曜日

梅といっても。。

先日オーナーが季節のお花を持って来られました♪


と言っても花は咲いておらず、まだ蕾の状態です。

名前は「利休梅」と言うそうで、「梅」と付いてはいますが
ウメとは違ってヤナギザクラ属になります。

また名前の「利休」も、利休とは直接関係ない様子。
ただ、主張し過ぎない清楚な花が茶人に好まれ、茶庭に使われることが多いこと、
また千利休の命日に咲くことからこの名が付いたという逸話もあります。

調べると、たしかに真っ白な花がとてもかわいらしいです**
花言葉も「控えめな美しさ」とのこと。

なお原産は中国で、中国名では「白鵑梅」と言います。
「白鵑」とは白いホトトギスのことだそうで、こちらもまた素敵なお名前…(*・∈・*)

まだ蕾はかたいですが、これから咲くのが楽しみです♪(N)



2019年4月18日木曜日

天野寿美枝さん 新作入荷☆

天野寿美枝さんの新作ジュエリーが入荷いたしました◎

アメジストドゥルージーリング ¥30,240(税込)

ドゥルージーとは、天然石の結晶部分を切り出して加工したもので
アメジストの紫色が細かくキラキラしてとても幻想的なリングです。

シルバーピアス ¥27,000(税込)

シンプルかつスタイリッシュなデザインのピアス。

シルバーチョーカー ¥27,000(税込)/ブルートパーズ・ハーキマードゥルージーチョーカー ¥54,000(税込)

上のピアスとお揃いにしてもお洒落なシルバーのチョーカー。
そして、ハーキマーダイヤモンド(アメリカニューヨーク州北部のハーキマーで採掘された希少価値の高い水晶)のドゥルージーが使われているチョーカー。
水晶に、ブルートパーズの爽やかな青が差し色となりとても綺麗。

サンゴ・淡水パールネックレス ¥172,800

たくさんのサンゴと淡水パールが使われているネックレス。
サンゴのコーラルピンクとパールの艶白のコントラストがとても美しいです。
ねじりの加減で二色の見え方のバランスを変えることもでき、さまざまな表情をみせる一品です。

今回の作品も、どれも素敵なものばかり。
ぜひお手に取ってご覧いただければと思います◎(K)

2019年4月17日水曜日

『宝袋』新入荷です!!

先日こちらで紹介いたしました巣守志子さんより
待望の新作が入荷いたしました!


宝袋 (左)日本刺繍×インド織 ¥10,000(税込)/(右)川島織物×漆 ¥8,800(税込) 

コロンとした丸いフォルムがかわいい『宝袋』です**
小ぶりな見た目で侮ることなかれ、中には小さいポケットが沢山あり
自分の大切な「宝物」をいっぱい入れることができます!

また小ぶりとはいえ、使用している布は一級品。
左の作品には外側に日本刺繍の絞り、内側にインド織が、
右の作品には外側に川島織物、内側に漆染めされた布が使われています。
着物に仕立て上げられるほどの布を惜しげもなく使用し、
確かな技術により1つ1つが丁寧に手作業で作られています。

4つ入荷いたしましたが、入荷当日で既に2つ売れてしまい
残り2つのみとなっております。
ご興味のある方はぜひお急ぎくださいませ~\(*∵*)/(N)

2019年4月13日土曜日

大人気作品集『毎日お針日和』再入荷しています◎

TAOでもたいへんお世話になっている縫物作家・巣守志子(すもりゆきこ)さん。
最近では中国新聞や朝日新聞で紹介されるなど、
様々なメディアからも注目されていらっしゃいます!
今月22日(月)~27日(土)には東京・銀座煉瓦画廊にて個展も開かれます◎

そんな巣守さんの作品集『毎日お針日和』
TAOにて大好評発売中です!

毎日お針日和 ¥2,160(税込)

お客様からのお問合せも多く
一時期は品切れとなっていましたが、再入荷しております◎
刺繍やお人形作り・パッチワークなど針仕事をされる方、
和小物作品がお好きな方・興味のある方など、
ぜひご覧いただけたらと思います!(K)

2019年4月6日土曜日

春爛漫**

ここ2、3日、初夏とも思えるような暖かい日が続いていますね。

平和大通りの桜も満開です**



そしてTAOでも桜が満開!

フードなしジャケット 各¥10,000(税込)

まだ少し肌寒い時間もあるこの時期。
こちらのパーカーを羽織ってお花見に行かれるのもいいかもしれません◎

TAOのショーウィンドウでは、桜のほか 華やかなお花もお出迎え。


ぜひこれからの花の季節を楽しみましょう♪♪(N)

2019年3月26日火曜日

八千代の丘美術館 春祭り

TAOでも大変お世話になっている西村芳弘さんより、展覧会のお知らせです。

【八千代の丘美術館 春祭り】
日時:2019年4月6日(土)~ /10:00~17:00(入館は16:30まで)
※火曜は休館日となります
場所:安芸高田市立 八千代の丘美術館
入館料:4月6日は入館無料(それ以降は一般300円)※詳しくはHP
お問い合せ: 0826-52-3050(八千代の丘美術館)


安芸高田の八千代の丘美術館にて、
1年に渡って作品が展示されるとのこと!

ストーリー性のある独自の世界観が魅力の西村さんの作品。
焼き物ならではの素朴な風合いが作品の詩的な雰囲気とマッチし、
観る人がその作品の世界に入り込んでしまうような、そんな魅力があります。

展示期間が長くなっておりますので、一度と言わず何度でも
ぜひご覧いただければと思います**(N)

2019年3月22日金曜日

河崎信太朗 水彩画展

ドコモ広島大手町ビル1Fにて、
河崎信太朗さんの水彩画展のお知らせです。

【河崎信太朗 頸椎損傷25年の軌跡 水彩画展】
日時:2019年5月9日(木)~5月15日(水)10:00~18:00 ※土・日を除く
場所:ドコモ広島大手町ビル1F
入場料:無料
お問い合せ:090-6408-3151(河崎)
sien-wing-614@sage.ocn.ne.jp

河崎さんは、小学校の頃の交通事故により脊椎を損傷。
以後首から下が麻痺となり車いす生活を余儀なくされておりましたが、
20歳の頃水彩画に興味を持たれ、口で筆をくわえて絵を描かれるようになられました。

スケッチブック4冊分にもなる作品を、
この度個展という形で発表されます。

ご興味のある方は、ぜひこの機会に河崎さんの作品をご覧いただければと思います。(N)

2019年3月14日木曜日

繊細な和菓子

本日はホワイトデーですね。
バレンタインのお返しなど、プレゼント用にお菓子を選んでる人々を
デパートやお菓子屋さんで最近はよく見かけます◎
ちなみに私はそういったイベントの日でもそうでなくても、
お菓子や甘いものは大好きなので理由なく食べたい♥というタイプです (бⅴб)

先日、オーナーがこちらのお菓子を持って来て下さいました。
ありがとうございます!
『越乃雪』(越乃雪本舗大和屋)という、
新潟県長岡市で生まれた日本三大銘菓の一つです。
白くて可愛らしい和三盆のお菓子です。
口にいれるとほろほろとやわらかくほどける…ほぐれる…というような感触。
上品な甘い味の余韻を残しながらもすぐに口からなくなりました。
この甘さはお抹茶などにもよく合いとても美味しかったです。

説明書きにあった
『越乃雪はこわれやすいお菓子でございます。
一ヶずつやさしくお持ちになりそのまま一口でお召し上がりください。』
などの注意文を読んで、とても慎重にいただきました…
確かにそれほどとても繊細なつくりでした。
その繊細さから、あのほろほろとしたやわらかさを味わえるのだな~と納得してみたり。

越乃雪がうまれたきっかけを調べてみたところ

安永7年(1778年)長岡藩の藩主・牧野忠精氏が病にかかり、近臣が大和屋に相談
大和屋はこれを受け菓子を作り献上、忠精公の食欲が進みほどなく病がなおる
忠精公はたいそう喜び、
「実に天下に比類なき銘菓なり。吾一人の賞味は勿体なし。之を当国の名産として売り拡むべし。」と、この菓子に『越乃雪』の名をつける

簡単にまとめるとこういう事なのですが、とても歴史のある和菓子で驚きました。
200年以上も前から…!!!
ひとつの美味しいお菓子からまたひとつ勉強になりました◎(K)