2019年3月14日木曜日

繊細な和菓子

本日はホワイトデーですね。
バレンタインのお返しなど、プレゼント用にお菓子を選んでる人々を
デパートやお菓子屋さんで最近はよく見かけます◎
ちなみに私はそういったイベントの日でもそうでなくても、
お菓子や甘いものは大好きなので理由なく食べたい♥というタイプです (бⅴб)

先日、オーナーがこちらのお菓子を持って来て下さいました。
ありがとうございます!
『越乃雪』(越乃雪本舗大和屋)という、
新潟県長岡市で生まれた日本三大銘菓の一つです。
白くて可愛らしい和三盆のお菓子です。
口にいれるとほろほろとやわらかくほどける…ほぐれる…というような感触。
上品な甘い味の余韻を残しながらもすぐに口からなくなりました。
この甘さはお抹茶などにもよく合いとても美味しかったです。

説明書きにあった
『越乃雪はこわれやすいお菓子でございます。
一ヶずつやさしくお持ちになりそのまま一口でお召し上がりください。』
などの注意文を読んで、とても慎重にいただきました…
確かにそれほどとても繊細なつくりでした。
その繊細さから、あのほろほろとしたやわらかさを味わえるのだな~と納得してみたり。

越乃雪がうまれたきっかけを調べてみたところ

安永7年(1778年)長岡藩の藩主・牧野忠精氏が病にかかり、近臣が大和屋に相談
大和屋はこれを受け菓子を作り献上、忠精公の食欲が進みほどなく病がなおる
忠精公はたいそう喜び、
「実に天下に比類なき銘菓なり。吾一人の賞味は勿体なし。之を当国の名産として売り拡むべし。」と、この菓子に『越乃雪』の名をつける

簡単にまとめるとこういう事なのですが、とても歴史のある和菓子で驚きました。
200年以上も前から…!!!
ひとつの美味しいお菓子からまたひとつ勉強になりました◎(K)

2019年3月8日金曜日

不動院 瑶甫会茶会

東区の牛田にある不動院にて、お茶会のお知らせです。

【不動院 瑶甫会茶会】
日時:3/31(日)表千家水月会 受付時間 9:00~13:30
5/26(日)煎茶道三癸亭蕒茶流 未定
12/15(日)裏千家寿栄会 未定
場所:安国寺不動院(広島市東区牛田新町3-4-9)
会費:700円
お問い合せ:082-221-6923(不動院)

瑶甫会は茶道を愛好される方々で結成された茶の湯を楽しむ会で、
四季を通して年間3~4回の茶会が催されています。
瑶甫とは戦国時代焼失した不動院を復興した安国寺恵瓊の道号だそうです。

本年の茶会は3回開催の予定で、さっそく今月末に
表千家水月会によるお茶会が予定されています。

陽ざしも暖かくなって春の空気を感じられる頃、
ご興味のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。(N)

2019年3月1日金曜日

グランデひろしま 春号入荷◎

あっという間に2月も過ぎ、3月に入りましたね。
『3月』となると、寒い日はまだあれども気分的にはもう春◎
さくらの開花予想をネットなどで見て、早くも心躍らせております (бⅴб)

そんな中、グランデひろしま春号が入荷いたしました~


今回の特集は「それぞれの椅子物語」。
今や生活に欠かせないものとして身近にあるさまざまな『椅子』にスポットが当てられています。
中区八丁堀にある映画館『八丁座』の椅子、同じく中区の喫茶店『朝日珈琲サロン』の椅子…そのほか広島生まれのあんな椅子・こんな椅子。
それぞれの、色々な椅子の物語が楽しめます。

「こんなところに、こんな店」のページには、住宅街の一角や郊外の田畑にある一軒家、マンションの一室…など、思いもよらないところにある素敵なお店が紹介されています。
紹介されている住所をみて「あれっ、あの知ってる場所の近くに!?」と驚いたり。
お散歩しながら探してみようかな~なんて思っています◎

今回も内容盛り沢山で読みごたえ抜群です!
TAOには見本も置いておりますので、気になられた方はぜひお立ち寄りくださいませ★(K)

2019年2月27日水曜日

3月3日は・・・**

昨日はもう春が来たかのようなポカポカ陽気でしたが、
本日は季節がまた少し戻って寒くなりましたね。
三寒四温のこの時期、皆さまお身体にはどうぞお気を付けくださいませ。。

さて、まだまだ冬が優勢のこの時期ではございますが、
来月3月3日はひな祭りですね**

現在中区袋町にある頼山陽史跡資料館では
「ひな人形と春の書画展」が開催中です。

【ひな人形と春の書画展】
日時:平成31年1月31日(木)~3月10日(日)/9:30~17:00 ※入館は16:30まで
会場:頼山陽史跡資料館
お問合せ:082-298-5051

竹原頼家ゆかりのひな人形・ひな道具や明治・大正時代のひな人形、
全国各地の民芸びな(川手コレクション)などが
春や梅を題材とした書画とともに紹介されています。

その中で展示されている雛豆についてここで少しご紹介を。。

広島在住 湯本禎子さんによる雛豆は、
名前の通り小さなものは5㎝からといったかわいいサイズのお雛様です。


ただ小さくても使われている素材は一級品。
繊細な絵柄や刺繍、細かな絞りなどが入った江戸ちりめんや
明治・大正時代の上質で希少な着物の古布が、お雛様の衣装に使用されています。

日本古来の伝統や美しい習慣、美意識をたいせつにしたい。
そんな思いから、「雛豆」は一つ一つ丁寧に作られています。

昨今は賃貸暮らしの人も多かったりスペースの問題などで
なかなかお家にお雛様を飾ることも少なくなってきているように思いますが、
ぜひこの機会に日本古来の伝統に触れ、
雛祭りを気軽に楽しんでみられてはいかがでしょうか♪(N)


2019年2月23日土曜日

マグカップと丼鉢 新作入荷◎

陶芸家・森川容子さんの新作が入荷いたしました!
マグカップ 各¥3,000

大人気のマグカップ、ひとつひとつ色柄・形が違う一点物となっております。
まだまだ寒いこの季節、温かい飲み物やスープなどの器にぜひ。

どんぶり 各¥3,000

まるく深さもあるどんぶり鉢は、ごはんものにも麺ものにも合いそうです。

どれも普段使いにぴったりな作品。
ご興味のある方は是非、お気軽にお立ち寄りくださいませ~★(K)